2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

旧ブログはこちら

人気ブログランキング

  • ランキングに参加しています↓
無料ブログはココログ

« たまの長い一日。 | トップページ | のほほん。 »

クリスマスの妖しい光

今朝はまたとびきり冷えました。

今日も夜勤明けのたま父が、帰ってきて「地面が凍っていた」と言っています。

ヒーターをつけるとはるぼんがすぐにヒーター横の椅子にすわり、出遅れたたまはそれでもはるぼんの横に飛び乗りました。

Photo 

 

 

 

 

 

 

 

 

が、寝転べそうにありません(笑)。

Photo_2 

 

 

 

 

 

 

 

 

しばらくがんばっていましたが、

Photo_3 

 

 

 

 

 

 

 

 

あきらめて隣の椅子に移りましたとさ。

どっちでもいいじゃないか・・・(笑)。

 ☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*

昨日の晩、クリスマスツリーを出しました。

Photo_4 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

うれしそうに飾りを触るはるぼん。

このツリーははるぼんが1歳の頃に買いました。

最近では本物に近いツリーや、飾りも木で出来た自然な感じのもの、ライトも大人っぽい、オレンジや青い光一色のものなどいろいろおしゃれなものが選べますね。

買うときにはあれこれ迷いましたが・・・・

たまの飼い主のクリスマス・ツリーというと、この緑のツリーに、ライトは赤や青などカラフルでチカチカ点いたり消えたりするもの、そしてキラキラした派手な飾りをわんさか付けて、きわめつけは綿!(笑)

そう、昔懐かしいクリスマスツリーには勝てなかったのです。

Photo_6 

 

 

 

 

 

 

 

 

この綿が、光をやわらかく広げてくれるんですよね~。

゜.+:。(*´v`*)゜.+:。

飼い主の子供の頃、クリスマスイブの夜だけが非日常で神秘に包まれている感じがしました。

家にあったクリスマスツリーの、ピンクやら黄色や緑のあやしげな光に照らされた小さなサンタやお人形を、近所の子供達とじーっと見つめていると、古く小さな長屋の中にいることも忘れ、おとぎの国に入ったような気分になったものです。

Photo_7 

 

 

 

 

 

 

 

 

少し大きくなってから、何年かぶりにクリスマスツリーを出した時に、その小ささに驚きました。

当時の感覚では1m以上もあったように思えたのが、40センチほどの高さだったのですから。(笑)

Photo_5 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さてさて、このおもちゃのようなクリスマスツリーですが、子供はやっぱりカラフルでじゃらじゃらと飾りのついたものが好きなようで、はるぼんもとっても気に入っています。

そして、ツリーと一緒に買った小さなゆきだるまの置物で、色が赤や緑や黄色などに移り変わっていくものがあるのですが、昨日の夜、はるぼんが布団を頭までかぶって寝ていたのでめくると、光る雪だるまを握り締めたまま寝ていました(笑)。

布団の中で不思議な光を見て楽しんでいるうちにそのまま寝てしまったようです。

« たまの長い一日。 | トップページ | のほほん。 »

ペット」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: クリスマスの妖しい光:

« たまの長い一日。 | トップページ | のほほん。 »

毛皮を買うのはやめましょう

フォト

お気に入りスペースをお手ごろ価格で♪

最近のトラックバック